ギターレッスン 音楽理論

スケールとは?ものすご~く簡単な説明 楽しい音楽理論講座

投稿日:

スケール、スケールってよくきくけど、そもそもいったいスケールって何なんだろう・・という方に、とても簡単な説明をしたいなと思います♪



「スケール」は、1オクターブ内の音を基準の音から順番に並べたもの

スケールとは、基準の音から順番に、1オクターブ内の音を、並べたもののことをいいます。

日本語で「音階」といいます。

 

その並べ方によって、ドリアンスケール、ハーモニックマイナースケールなど

「●●スケール」と名前がそれぞれついています。

では、今からイラストを使ってわかりやすく説明していきます。

 

 

12人の人を、階段の上に並べる

音は、1オクターブにつき、12種類あります。

ド/レ♭・ド♯/レ/ミ♭・レ♯/ミ/ファ/ソ♭・ファ♯/ソ/ラ♭・ソ♯/ラ/シ♭・ラ♯/シ

の、12種類です。

 

 

この12種類の音を、12人の人に例えて考えてみます。

基準の音は、「ド」くんにします。

「ド」くんを、階段の一番下にして、12人全員を並べました!

 

半音、全音

ちなみに、この、階段の一段分のことを、半音

階段の二段分のことを、全音(または1音)といいます。

階段の三段分は1音半、階段の四段分は2音です。

 

 

「ドレミファソラシド」にもスケールの名前が!

さて、↑の、12人が並んだ階段ですが、

♯シャープ、♭フラットが付いている人たちには抜けてもらって、

 

「ド」「レ」「ミ」「ファ」「ソ」「ラ」「シ」だけで階段に並びました。(+1オクターブ上の「ド」にも、便宜上並んでもらっています)

ドレミファソラシド。

この並び方のことを「メジャースケール」といいます。

 

「ダイアトニックスケール」「イオニアンスケール」ともいいます。

 

誰もが知っている、有名なドレミファソラシドに、実はそんな名前がついていたのです!

 

 

メジャースケール。ダイアトニックスケール。イオニアンスケール。名前だけきくと呪文みたいで難しそうですが、内容は簡単。ドレミファソラシドを基準のドから並べたものです。

 

 

並んでる感覚が重要

そして、その並んでる間隔ですが、

「ミ」「ファ」。

「シ」「ド」は、隣同士でくっついていて仲が良さそうです!

他の人たちは程よい距離感がありますね!(笑)

 

 

この、並んでる間隔はとても大事です。

間隔がこのように「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」となっているからこそ、メジャースケール(ダイアトニックスケール・イオニアンスケール)と言うのです。

 

もしこの間隔が、ひとつでもずれると、違うスケールになります。

例えば、3番目の半音が全音に変わり「全音・全音・全音・半音・全音・全音・半音」になると、それは「リディアンスケール」というものになってしまいます。

 

 

どのキーでも、並ぶ間隔は同じ

キーは、キーC、キーC♯、キーD・・と全部で12キーあります。

並ぶ間隔を、「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」にすれば、12キーどのキーでも、メジャースケール(ダイアトニックスケール・イオニアンスケール)となります。

例)キーDでのメジャースケールは、「レ」「ミ」「ファ♯」「ソ」「ラ」「シ」「ド♯」

 

 

ナチュラルマイナースケール・エオリアンスケール

お次は、「ド」、「レ」、「ミ♭」、「ファ」、「ソ」、「ラ♭」、「シ♭」だけで、階段に並んでみます。

並び方の間隔は、「全音・半音・全音・全音・半音・全音・全音」。この並び方のことを「ナチュラルマイナースケール」または、「エオリアンスケール」といいます。

 

 

メジャーペンタトニックスケール

上記の2つは、7人(+1オクターブ上の「ド」くん)でしたが、スケールは必ず7人とは限りません。

 

今度は、「ド」、「レ」、「ミ」、「ソ」、「ラ」の5人だけを選んで並べてみます。

並ぶ間隔は「全音・全音・1音半・全音・1音半」。

この並び方のことを、「メジャーペンタトニックスケール」といいます。

 

 

ホールトーンスケール

こーんな面白いスケールもあります。なんと!並ぶ間隔がぜーんぶ全音です。

これを、「ホールトーンスケール」といいます。

 

 

 

 

・・と、そんな感じで、音の並び方によって、さまざまなスケールがあります。

 

今日は4種類だけを紹介しましたが、この他にもた~~くさんのスケールがあります。

 

 

今日はとりあえず、スケールとはどんなものなのかを知っていただけたら良いなと思います。

 

その他のスケールは何があるか、実際に音楽でスケールをどのように使うか、スケールの練習方法、など、また別の記事でお話しします。

 

 

 

おすすめ記事

イラストをつかいながら、面白く楽しく音楽理論について記事を書いています。他の記事もぜひぜひ読んで下さい。一緒に楽しく勉強しましょう♪

移動ドについて

移動ドがわかると、どのキーでもスケールがぱっとわかるようになります。

移動ドとは?-移動ドソルフェージュ【2】

 

 

スリーコードについて

スリーコード(主要三和音)とは。トニック、ドミナント、サブドミナント 楽しい音楽理論講座

ダイアトニックコードについて

耳コピ・作曲に!「ダイアトニックコード」を楽しく簡単わかりやすく説明!

 

サークルオブフィフスについて

サークルオブフィフス(五度圏)とは? 楽しい音楽理論講座♪

 

調合について

楽譜を見ただけで曲のキーがわかる方法♪「調合」を覚えよう! 楽しい音楽理論講座

 

YouTube音楽理論レッスン動画

YouTubeで音楽理論のレッスン動画をUPしています。

こちらはプレイリストになっています。ぜひご覧ください。

 

ギター初心者さん向けレッスン記事はこちら

ギター初心者さんがまずやるべきこと、考えるべきこと順番にまとめました!




-ギターレッスン, 音楽理論
-, ,

Copyright© Yuka(杉山結香)オフィシャルウェブサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(画像、映像など)の著作権は杉山結香、またそれぞれの著作権者にあります。著作権者の明確な許諾なしにこれらの画像を使用したり、複製したりすることはできません。