ギターレッスン ギター初心者さん向け

ギター初心者さん必読!ギターの選び方!

投稿日:

これからギターを始めたい。だけど、まず最初にどんなギターを買ったら良いのかわからない。

という方に向けた、ギターの選び方について、まとめました!

 

楽器屋さんで、実際に見て、試奏させてもらって、選ぶのをおすすめします!

「これからギターを始める。

よし、がんばって練習して、上手くなるぞ!

まずはギターを買うぞ〜」

 

、、これからの楽しみがいっぱいで、すごく楽しい時ですね!

 

ギターは楽しいですが、挫折しやすい楽器でもあるなぁと思います。

最初に選ぶギターによって、続けやすさ・挫折しやすさが、大きく変わります。

 

続けやすくなるギターを、しっかり見極めるためには、楽器屋さんで実際に見て、試奏させてもらってから買うことをおすすめします!

 

では、どういったギターを選んだら、続けやすくなって、挫折をしにくくなるのか。今から書いていきます!

 

 

見た目がときめくギターを選ぶこと

これ、一番大切です。

ギターを見るたびにときめく、自分にとって、すごく素敵だ〜!と思えるギターを選ぶこと!

 

ここで大事なのが、人の意見ではなく、自分にとって素敵と思えるものを選ぶことです。

あなたは、どんな見た目が好きですか?素敵だと思いますか?ときめきますか?

 

私のこのギターは、私にとって、これ以上ないくらいの最高にときめく見た目のギターです。

この、ボディの色。あたたかい茶色。

透明なピックガード。

透明なので、ついてないようにみえる。まるでクラッシックギターのようなスタイル。

 

そして、たまらないのが、指板の、12フレットだけにさりげなくある、飾り。

シンプルが大好きな私にとって、最高の見た目で、

10年以上弾いてきた今でも、見るたびにときめきます。

 

自分の見た目と合う、しっくりくるギターを選ぶこと

ときめく見た目のギターを選んだ上で、

そのギターを持って(試奏して)みます。

 

その時に、自分の見た目と合う、しっくりくるギターを選ぶことが大事です。

 

できたら、ギターを持ってる姿を鏡に映して、見たいところですが、楽器屋に鏡置いてるところ見たことないので(笑)

さりげなく、エフェクターが入ってるガラスの棚にギターを持ってる自分を映して見る などすると良いと思います。

友達と一緒に行ってたら写真でも撮ってもらえたら良いかもです。

 

ときめく見た目のギターを選んだのなら、そのギターと自分の見た目が全然合わない ってことはほぼ無いと思います。

(例えば私はシンプルやナチュラルな感じが好きなので、普段服や髪型などもそのような感じにしてるので、それで選んだシンプルナチュラルな見た目のギターが、私の見た目と似合わないわけはないです。)

 

ですが注意してほしいのが、ギターの大きさと、あなたの体の大きさのバランスです。

 

たま〜に、すごく背が高いのに小さなギターを持ってるお兄さんや、背が小さな女の子で大きなギターを持ってる子など います。それはそれであえてしているならすごくかっこいいですが、

体の大きさとバランスが良い、フィットしている感じのギターを持ってるほうが、かっこいいと思います。

 

それと、弾きやすさも、体の大きさに合ったギターのほうが弾きやすいので、上達も早くなります。

 

 

手の大きさに合う、ネックの太さのギターを選ぶこと

ネックとは、ギターを弾く時に左手でつかむ長い棒の部分のことです。

 

人それぞれ、手の大きさは違います。

手の大きさに合う、ネックの太さのギターを選ぶことで、弾きやすさが違ってきます。

弾きやすいと上達もしやすく、楽しく弾けます。

 

ちなみに私は、女性にしては手が大きい方ですが、それでも男性の標準の手の大きさよりは小さいです。

この私の手の大きさにぴったりのギターを使用しています。

 

毎回、弾くたびに、左手でネックをつかむたびに、手がフィットして気持ちが良いです。

この気持ち良さと、弾きやすさのおかげで、10年以上楽しく弾くのを続けてこれたなぁ〜と思います。

 

弦高が高すぎないギターを選ぶ

これからギターをはじめる初心者さんには、弦高が高すぎないギターを選ぶのをおすすめします。

弦高(げんこう)とは、ギターの弦と、指板のフレット 二つの距離のことです。

弦高が高い方が綺麗な音が出ますが、最初のころは弦をおさえるのがたいへんです。

弦高が低いとビビりやすくて綺麗な音が出しづらいのですが、おさえるのはらくです。

 

ギターはじめたころの挫折しやすさは尋常ではありません!そして、その挫折する理由のほとんどが、左手で弦をおさえるのがたいへんなことによります。Fのコードなど。(ゆか調べ)

最初から弦高が高すぎるギターを選んでは、絶対にいけません!

 

初心者さんがギターを選ぶ方法 まとめ

以上のことがらをまとめますと、

  • ときめくギターを選ぶ
  • 自分に合うギターを選ぶ
  • 弾きやすい、挫折しづらく、続けやすくなるギターを選ぶ

の3点がとても大事!というわけです!!

 

ときめくギターを選んで、楽しいギター生活をスタートさせましょう♪

 

動画でもお話ししました!ぜひご覧ください。



-ギターレッスン, ギター初心者さん向け
-, ,

Copyright© Yuka(杉山結香)オフィシャルウェブサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(画像、映像など)の著作権は杉山結香、またそれぞれの著作権者にあります。著作権者の明確な許諾なしにこれらの画像を使用したり、複製したりすることはできません。