1万時間の法則

ハーモニーの感覚を鍛える相対音感トレーニング!実験スタート

投稿日:

こんにちは☆彡

いきなり寒くなったからか、おなかが痛かったり、ぐったりしてたりで、ダウンしてました。

だいぶよくなったので気をとりなおしてまた元気にがんばりますヾ(๑╹◡╹)ノ”

みなさまも寒くなったので、風邪など気をつけてくださいね!



これからハーモニーの感覚を重点的に鍛える

私は今毎日情熱をもやして移動ドソルフェージュに取り組んでいますヾ(๑╹◡╹)ノ”

■移動ドソルフェージュとはなんぞや?というのはこちら

移動ドソルフェージュ記事一覧

それで、今までは、主にひとつずつの「メロディ」に対しての、相対音感を鍛えてきました。

主旋律だったり、オブリだったり、ベース音の、それぞれのメロディラインを、それぞれ別々に音をとっていきます。

楽器をつかわずに音をとることにだいぶ慣れてきたので、

これからは「ハーモニー」の感覚を鍛えることに重点を置いてやっていきたいなと思います。

 

ハーモニーとはなんぞや?

ハーモニーとは、2つ以上の音と音の重なりのことです。「和声」ともいいます。

ちなみに、3つ以上音が重なると「コード(和音)」といいます。

2つ以上からハーモニーなので、コードもハーモニーということですねヾ(๑╹◡╹)ノ”

乳製品がハーモニーで、チーズがコード みたいな(笑)チーズは、乳製品ですね!

 

ハーモニーの感覚を鍛える方法

これから移動ドソルフェージュをやる時に、なるべく常に、

音と音との響き(度数)を意識しながらソルフェージュをしていきます。

具体的には、

「ミ」って書いてある譜面を、「ド」の音だけ楽器で音をとってから、「ミ~♪」って移動ド唱法で歌って、そのあと楽器で「ミ」を弾いて合ってるか確かめる っていうのを今までやってきたわけですが、

これからは、楽器で「レ」を弾きながら、そこから長二度の響きを想像して、長二度上の「ミ」を移動ド唱法で歌ったり、

楽器で「シ」を弾きながら、完全五度上の響きを想像して、「ミ」を歌ったり。

っていうのをやっていきますヾ(๑╹◡╹)ノ”

 

今までひとつのメロディだけに一生懸命集中してきたのを、

これからは、それだけではなく、更にプラスして、ハーモニーの響きを常に意識するわけです。

 

泳ぐことがずっとできなくて、プールで一生懸命泳ぎの練習して、やっと楽々泳げるようになったから、

これからは海で泳いで、サメがいないかとかおいしそうな魚はいるかとか常に意識する みたいなヾ(๑╹◡╹)ノ”(笑)

難易度UPしたのでがんばりますよー!

 

 

自分自身を使って実験。効果が出たら還元♪

今までの移動ドソルフェージュの授業と同じく、

このハーモニーの感覚を鍛える方法も、自分自身を使って実験して効果が出たら、

また教える記事を書いてみんなに還元したいなと思います♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

何か月後にどのくらい効果が出るか?楽しみです☆彡



-1万時間の法則

Copyright© Guitarist Yuka official website , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(画像、映像など)の著作権は杉山結香、またそれぞれの著作権者にあります。著作権者の明確な許諾なしにこれらの画像を使用したり、複製したりすることはできません。