ギターレッスン ギター伴奏

上手いギター伴奏のコツ!~ギター弾き語りの人と二人の場合~

更新日:

先日、上手いギター伴奏(ギターサポート)のコツについて記事を書きました。こちら↓

上手いギター伴奏をするための2つのコツ 呼吸法と音選び

今日は、その第二弾!ギター弾き語りの人と二人の場合の、上手いギター伴奏のコツについてお話したいなと思います♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪



ギター2本のアレンジは難しくない!

ギター弾き語りの人と自分のギター、ということはギターが2本になるわけです。

ギター2本のアンサンブルはアレンジが難しいよ~と思う方もいるかもしれません。

確かに、同じ楽器が2本で、できることもかぶっているので、ちょっと間違えたら2本がぶつかって喧嘩をしてしまうことにもなりかねません。

ですが、ポイントを押さえれば、簡単にギター2本ならではの素敵なアレンジをすることができます♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

動画での解説です♪

じゃじゃじゃん!こちらの動画で、実際にギターを弾いて解説をしていますヾ(๑╹◡╹)ノ”弾き語りの人もギターサポートの人も一人二役でやって(笑)多重録音したり、ギターコードも表示したりで、とってもわかりやすいと思います♪

ギター弾き語りの人と、二人で一緒にギターを弾く時に、素敵な楽しいアンサンブルができる方法です。.:*・’(*゚▽゚*)’・*:.。

★コードと単音でのメロディを弾くことができるギター中級者さん以上向けの動画です。

 

そもそも、ギター伴奏の役割とは?

そもそもですが、ギター伴奏の役割とは、主役の人がより歌いやすく安心してできてよりその人の魅力がでるのが目的です♪

 

今回は、主役:ギター弾き語りの人 と、ギター伴奏の自分の、たったの二人です。

二人だけでも、ギター伴奏のパワーで、音楽の世界を大きく大き~く表現してあげましょう♪

大きな世界につつまれることによって、主役の方は心が安心して歌えるようになり、

もちろん音楽的にもとっても素敵になります♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

一番のコツは、その時々で、相手がやってないことをすること!

音楽の世界を大きく表現するためには、「その時々で、相手がやっていないこと」をやるのがポイントです♪

 

具体的には、

隙間を見つける!

歌が歌ってない隙間をみつけて単音でメロディを弾いたりとかですね!

ギターでハモる!

歌のメロディラインのハモりのメロディを単音で弾いたりすると、とっても素敵です♪

音域をずらす

●これは、よく言う話ですが、弾き語りの人がローコードで弾いてる時に、高いポジションのコードを弾くと、音域に幅が出ます♪

●オクターブで低いメロディを弾いたりして、雰囲気を変えるのも素敵!

ギターソロは自分が主役になる!

主役はギター弾き語りの人です!ですが歌がない部分、間奏のギターソロでは自分が主役になって下さい!

その曲の世界観に合ったソロを弾きましょう。

弾き語りの人がローコードで弾いているなら、高いポジションで弾くと埋もれないで綺麗に聞こえます。

 

・・・などなど。詳しくは動画で実際ギター弾いての解説をぜひご覧ください♪

 

 

ギター2本でのアンサンブル、ぜひぜひ楽しんでください♪

個人的に、コード楽器が2人以上いる中でギター伴奏をすること、とっても大好きです♪

狭い隙間に居心地の良い空間作ったりするのが大好きな私の性格に合ってるのだと思います(笑)

ぜひぜひたくさんギターで楽しくアンサンブルしてください♪ヾ(๑╹◡╹)ノ”

 

YouTube杉山結香チャンネル




 

-ギターレッスン, ギター伴奏
-,

Copyright© 杉山結香のギター日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.