おすすめギター練習方法 ギターレッスン

楽しいギター運指練習の方法。左手の指が動くようになる!クロマチック運指練習に飽きたらこれ!

投稿日:

楽しくできるギター運指練習の方法を紹介します。

クロマチックなどの運指練習に飽きちゃった方におすすめです。

 

毎日続けると左手の指がよく動くようになります。

 

また、毎日続ける方法についても解説しています。


有名なギター左手運指練習

左手の指が動くようになるためにする、「ギター運指練習」というと、有名なのはこの二つです。

 

1.クロマチックの運指練習

クロマチックスケールでの運指練習は、とっても有名です。

クロマチックとは半音階という意味です。

半音ずつ音を上下しながら左手の指をトレーニングしていきます。

 

 2.となりの弦を行き来する運指練習

こういった、となりの弦を行き来する運指練習もとても有名です。

 

上記の図以外にも、弦を1個飛ばし、2個飛ばしにしたり、1・2・3・4・5・6弦順番に上って下がっていったり、いろんな行き来の仕方があります。

 

 

運指練習はつまらない?だったら楽しくしちゃおう♪

上記の運指練習はとても有名で、

そしてやっていて効果があるので、紹介されることが多いです。

 

ですが、こういった運指練習は、正直やっていてつまらないなぁ~と思います。

なぜかというと、奏でられるメロディが音楽的ではなくて機械的です。

 

それなら、楽しくしちゃいましょう!

 

 

ピンクパンサーのテーマで、楽しくギター運指練習!

そう思い、こういった動画を作成しました!

「ピンクパンサーのテーマ」で楽しく運指練習をしちゃいましょう♪♪♪

 

 

運指練習の効果を何倍にもするためのポイント

運指練習をする際には、ポイントをしっかり守ってやりましょう。

しっかり守って行うと、効果が何倍にもなります。

ひとつひとつしっかり確認しながら、ゆっくり確実に行いましょう。

 

 

1.必要最低限しか指を動かさない。

最初から4本の指で弦を押さえておきましょう。

そして、指を動かすときに、必要最低限しか指を動かさないように注意しながら行いましょう。

 

また、動かさない他の指に、無駄な力を入れず、ふわっと脱力しながら押さえておくことが大事です。

そうすることによって、指を早く動かせるようになるのと、疲れないので普段の演奏で長時間演奏することができるようになります。(基礎練習を長時間やるという意味ではないです)

腱鞘炎などの予防にもなります。

こちらも、しっかり意識しながら行いましょう。

 

2.音を切らずに、伸ばす。

これは、この左手運指練習のためにだけにやります。

普通に演奏としてピンクパンサーのテーマ弾く時は、伸ばさなくてOKです。

 

なぜやるかというと、

伸ばすことによって、下記のポイント3がちゃんとできているかチェックができるからです。

 

3.指を指板に対して垂直に立てる

押さえている指(人差し指、中指、薬指、小指)が、他の弦に当たらないようにします。

もし当たっていたら、伸ばしている音が消えてしまうのですぐにわかります。

 

押さえている指(人差し指、中指、薬指、小指)を垂直に立てるためには、親指の位置が重要です。

親指を、ネックの真ん中らへんにもってきたり、下の方にもってきたり、ネックを握るような感じで上の方にもってきたり・・いろいろな位置にもってきてみて試しながら、垂直に立てやすいフォームを探してみてください。

 

4.次弾く音を準備(弦を押さえる)してから、指を外す

ピンクパンサーのテーマでは、3小節目の最後のファから4小節目のミに行く時です。

 

普段の演奏でも、次の弾く音を準備してから指を外すことはとっても大切です。

ちゃんとできているとなめらかな音になるのと、演奏でのミスが無くなります。

 

 

上記のポイント全部を意識しながら、ゆ~っくりのテンポで、しっかりじっくり行う。

基礎練習は、速いテンポで雑にやってしまうと何も意味が無いです。

必ず、ひとつひとつのポイント全部がしっかり完璧にできているのを確認しながら丁寧にやりましょう!

 

ゆっくりじっくりやると、ものすごく忍耐が必要になります。

特に、今までが速いテンポでやっていて、

じっくりゆっくりやりはじめたときは、「あぁ〜なんだこの遅さ!いらいらする!もうやめてやる〜!」と絶対思うと思います!笑

 

ですが、ここを乗り越えると、今までの何倍も左手がよく動き、綺麗ななめらかな音色を出せる、また準備がしっかりできて本番でミスが格段に減った、

更に超絶かっこよくなった自分になれます!

 

それを楽しみに、乗り越えていきましょう!

 

 

こちらの記事もおすすめです

ギター上達の一番の近道!メトロノームゆっくりの速さで練習しよう!

 

 

1日に長時間やる必要はないです。短時間で毎日続けましょう。

運指練習は、

一日に長時間やる必要はまったくありません!

 

5分かそこら、本当に短時間で良いので、毎日続けることが大事です。

毎日こつこつ続けていると、最初のうちはなかなか効果が感じられなくても、

ある日突然、「あれっ?なんかめっちゃ上手くなってる!」と思う時がきます。

気長に、毎日短時間を続けていきましょう。

 

 

毎日運指練習を続ける方法

と、今5分と話してしまいましたが・・

運指練習を毎日続けるためには、「毎日1音だけでいいから運指練習するぞ~」ぐらいな軽い気持ちで毎日取り組むことが大事です。

 

間違っても、「必ず毎日5分間やる!時間をはかって必ず5分間やるんだ!!」なんてことはしないでください!そんな意気込みでやってしまったら、絶対途中で挫折します。

 

気持ちの上では「毎日1音だけでいいから運指練習するぞ~」ぐらいな軽い気持ちでやり、結果的に、毎日5分を続けられている、という状態にできるのが理想です。

 

詳しくはこちらの動画でお話しているので、是非ご覧ください。

 

 

 

~上級編~運指練習をしながら相対音感トレーニングもしちゃおう!

運指練習をしながら、弾いているメロディを、移動ドソルフェージュで一緒に歌いながらやると(移動ド唱法といいます)

相対音感トレーニングにもなっちゃいます!

 

上記の曲だと、

キーの基準の音をドにした場合は「si la~ ti do~ si la ti do fa mi~♪」

コードのルート音をドにした場合は「ti do~ re mi~ ti do re mi la sol~♪」という風に歌いながら弾きます。(どちらもやると良いです)

これを4度進行で、キーC、キーF、キーB♭・・と12キーでやると、相対音感トレーニングにすっごく良いです。

指も耳も鍛えられて一石二鳥です。

 

移動ドソルフェージュとはなんぞや?というのはこちらをどうぞ。

6か月で相対音感が身につく!移動ドソルフェージュ【1】

 

 

こちらのギター基礎練習もおすすめです♪

三連符が得意になるリズムトレーニング!ニ拍三連が苦手な方へ♪

こちらはリズム感を鍛える基礎練習です。

 




-おすすめギター練習方法, ギターレッスン
-, , ,

Copyright© Yuka(杉山結香)オフィシャルウェブサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(画像、映像など)の著作権は杉山結香、またそれぞれの著作権者にあります。著作権者の明確な許諾なしにこれらの画像を使用したり、複製したりすることはできません。