ギターレッスン 音楽理論

ダイアトニックコードとは? 楽しい音楽理論講座♩

更新日:

今日は、ダイアトニックコードについて、お話したいなと思います♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪



ダイアトニックスケールそれぞれの音をルートにしてコードを作る

ダイアトニックコードのお話の前に、まず、「ダイアトニックスケール」はわかりますか?ヾ(๑╹◡╹)ノ”

スケールとは?ものすご~く簡単な説明 楽しい音楽理論講座

↑こちらの記事でも書いたのですが、「ダイアトニックスケール」とは基準の音から「全音・全音・半音・全音・全音・半音」で音を並べたもののことです。キーがCだとしたら「ドレミファソラシド」のことですね♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

この、「ドレミファソラシド」それぞれの音をルートにして、コードをつくると、「ダイアトニックコード」となります。

 

※コードとは

複数の音を同時に鳴らすことです。和音ともいいます。

 

※ルートって何?

ルートとは、コードの中の一番低い音のことです。

根音、ベース音ともいいます。

コードの基準となる音で、いわばリーダーですヾ(๑╹◡╹)ノ”

 

 

ではでは、今から実際に、ダイアトニックコードをつくっていきましょう!♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

 

 

ダイアトニックコードができる過程

まず、「ダイアトニックスケール」それぞれの音「ドレミファソラシド」。ルートこと、各コードのリーダーになる人たちですね、

五線紙上に整列してもらいます!ヾ(๑╹◡╹)ノ”整列!!!!!

↓五線紙上へ

ルートに、3度の音を重ねる

では、お次は、このルートたちに、ルートに対して3度の音を重ねます。

  • ルートの、隣の音は2度。
  • ルートの、2つ隣の音は、3度です。

たとえば、ドに対して3度の音は、ミになります。

 

ではでは、重ねてみますヾ(๑╹◡╹)ノ”

そこにさらに、5度の音を重ねる

お次は、ルートに対して5度の音を重ねます。

  • ルートの、4つ隣の音が5度です。
  • 先ほどの、3度の音の2つ隣でもありますね!

例えば、ドに対して5度は、ソになります!

 

さぁ、重ねてみましょう♪

じゃじゃじゃん!C、Dm、Em、F、G、Am、Bm(♭5)、の7つのコードができました!

これが、「ダイアトニックコード」です!

ちなみに、C、Dm、Em、F、G、Am、Bm(♭5)、のことを

ローマ数字を使って、Ⅰ、Ⅱm、Ⅲm、Ⅳ、Ⅴ、Ⅵm、Ⅶm(♭5)とも表します。

 

 

ダイアトニックコードは何かに似ている(笑)

でね、この、五線紙に書いたダイアトニックコード・・・何かに似ていませんか?

そう、おだんごそっくりですね!!!(笑)(笑)

ルートに対して2つ隣、そのまた2つ隣の音を重ねた結果、こうなりましたヾ(๑╹◡╹)ノ”

ダイアトニックコードはおだんごって覚えてください♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪(笑)

 

 

三和音(トライアド)、四和音(テトラッド、セブンスコード)

上記でご紹介したのは、

一番基本的な、3つだけの音で構成されたコードで、これを「三和音」といいます。(「トライアド」ともいいます。)

 

ここに、5度の2つ隣の音「7度」を更に重ねると、

「四和音」のダイアトニックコードになります。(「テトラッド」「セブンスコード」ともいいます。)

 

 

 

 

 

で、このダイアトニックコードを、実際に音楽でどのように使うかは、また更新します♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

ではではっ今日はこのへんで!ヾ(๑╹◡╹)ノ”またね~~~♪

 




-ギターレッスン, 音楽理論
-

Copyright© ギタリスト杉山結香オフィシャルウェブサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.