ギターレッスン ギター初心者さん向け

コードを押さえても音が鳴らない時チェックするポイントと綺麗に鳴らすコツ

更新日:

ギター初心者さんに向けて、

コードを押さえても綺麗な音が鳴らない時に、チェックするポイント、

綺麗に音を鳴らすコツについてお話します。

動画もありますので、こちらもぜひ合わせてご覧ください。

コードを押さえるには、そんなにたくさんの筋力は必要ない

まず最初に。

左手でコードを押さえる時には、もちろんある程度、力(筋肉の力)も必要ですが、

コツをつかめば、そんなにたくさんの力は必要ありません。

初心者さんでコードが押さえられないと、「力が足りないんだー!」と左手にぎゅーっと力を入れて頑張ってしまう方がいますが、

そんなことを続けていると、無駄に手は疲れるし、腱鞘炎になる可能性もあるし、手だけでなく肩こりにもなったり、フレットもすり減るスピード早くなりギターをメンテナンスに出す感覚も狭まりお金もかかって、と、良いこと一つもありません。今すぐやめましょう。

今から書いていくことをひとつひとつ、全部に気をつければ、余分な力をかけずに押さえることができるので、

手も疲れず、腱鞘炎にもならず、ギターのフレットも無駄に擦り減らず、また、コードチェンジも早くなり上手く聞こえるなど、メリットがたくさん!

ぜひ最後までお読みください^_^

1.左指は、フレットの近くで押さえる

ギターのネックに何本も入っている銀色の縦線を、「フレット」といいます。

コードを押さえるとき、左指は、

この、フレットの近くで押さえましょう。

良い例:フレットの近く

こういった感じで、フレットの近くで押さえるのが良いです。

そうすることにより、少ない力で効率よく押さえることができます。

感覚的には「押さえる」というより、弦とフレットを「くっつける」というような感覚です。

 

 

悪い例:フレットから離れている

悪い例はこちら。フレットから離れれば離れるほど、力が必要になるので、押さえづらく、手が疲れてしまいます。

、、と、えーっとこれって、あれですね。

今書いていて気づきましたが、

こういったギターのダイヤグラム表(コード表)がこういう感じで指の位置が真ん中に記されていることが多いので、

何も言われなかったら悪い例で押さえてしまいますね!!!

めっちゃまぎらわしい!!!

親指の位置を変えてみる

こちらは、人それぞれ、手の大きさが違うので一概には言えません。

その手の大きさに合う、そしてそのコードフォームが押さえやすい

親指の位置がそれぞれありますので、試してみてください。

ネックの中心あたりなのか、もしくは、

ネックの上の方に持ってきて、ネックを握りこむようなかたち。

ネックの下の方に持ってきて、小さくつまむようなかたち。

試してみましょう。

左腕全体を使ってコードを押さえましょう

左手の、手のひらだけを使っておさえてはいませんか

手のひらだけに力を入れてコードを押さえてると、手のひらがすぐに疲れてしまいます。

実際に押さえているのは左手の指先ですが、

左肩から左腕全体の力をつかって、弦をおさえているイメージを持ちつつ、押さえましょう。

左手の指は、少しボディ方面にかたむけて斜めに力をいれましょう

左手の指は、フレットに対して垂直ではなく、少しボディ方面にかたむけて、斜めに力をいれましょう。(下記の画像参照)

そうすることにより、

人間の手のかたち、手の構造的に、自然に力を入れることができるので、疲れません。

その上、てこの原理というのでしょうか、弦を効率よくフレットとくっつけることができるので、少ない力で押さえることができます。

良い例:斜めに力を入れる

この写真のように、矢印の方向に向かって、力を入れましょう。

悪い例:垂直に力を入れる

この写真のように、指板に向かって垂直に力を入れてはいけません!疲れるだけです!

ギターをかまえるフォーム

上記のこと【左手の指は、右斜め下に向かって力をいれる】をしやすくするために、

ギターをかまえる時に、

ネックが前、ボディが後ろにいくように構えましょう。

すると、上記のことがしやすくなります!

悪い例:お腹に沿って平行

この写真のように、ギターのネックを後ろにひいて、お腹にそって平行にギターをかまえるのは、悪いかまえかたです。

無駄な力が入りますし、左腕だけでなく、右腕も動かしづらいです。

良い例:ネックを前に出す

この写真のように、お腹にたいして平行ではなく、左腕とネックを前に出します。

左手の指の腹の肉が、隣の弦に当たっていないかチェック

隣の弦にあたってしまうと、その弦がミュートされてしまい、音が出なくなってしまいます。

あたらないように、フレットに対して垂直に指を立てましょう。

最初のうちはすごくたいへんですが、毎日やっていくうちに慣れてきますので、がんばりましょう。

それと、フレットに対して垂直に指を立てるためには、爪を短くしないとしづらいので、爪は切りましょう。

良い例:指を立てる

指が弦に対して垂直に立っています!

垂直といっても100%完璧に垂直なのも不自然になり疲れるので、写真くらいに立っていればOKです。

悪い例:指が寝てる

指が寝てしまって、指の肉が隣の弦に当たってしまっています。

寝ちゃだめだー!起きろー!と指にしっかり言い聞かせて、起こしましょう!笑

指がえびぞってはいませんか?

上記の理由により、指を立てる時、指が垂直をこえて、えびぞってしまってはいませんか?

そうなると、余分な力がかかって指が疲れる上に、次のコードへチェンジする時に、時間がかかってしまいます。

えびぞらないように、垂直になるように注意しましょう。

毎日続けること

以上になりますが、

上記のことを正しく全部やっても、最初のうちは綺麗に鳴らないと思います。

毎日続けて、しばらくすると鳴るようになりますので、あせらずじっくりやっていきましょう。

水泳選手の水かきのように

水泳をずっと続けている水泳選手の手は、水かきが発達してくるそうです。

ギターも同じで、練習をこつこつ続けていると、

左手は、ギターの弦がおさえやすいように、どんどん変化していきます。

三日三晩で変わらないのをわかった上で、じっくりと続けていきましょう。

番外編 もしかしたらギター自体の問題かも?

上記のことがら全てを気をつけて、毎日ずっと練習を続けているのに、なかなかコードが鳴らない、、

もしかすると、弦高が高すぎるギターを使ってはいませんか?

弦高が高すぎると、しっかりおさえるのはなかなか難しいです!

こちらの記事もお読みください。

ギター初心者さん必読!ギターの選び方!

こちらの記事もおすすめです。

ギター初心者さんがまずやるべきこと、考えるべきこと順番にまとめました!






-ギターレッスン, ギター初心者さん向け
-,

Copyright© Yuka(杉山結香)オフィシャルウェブサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(画像、映像など)の著作権は杉山結香、またそれぞれの著作権者にあります。著作権者の明確な許諾なしにこれらの画像を使用したり、複製したりすることはできません。