ギターレッスン

CAGEDシステム ギターの指板を覚える

投稿日:

ギターの「CAGEDシステム(ケイジドシステム)」を知ると、

ギターの指板全体を覚えることができます!

 

そして、ギター弾き語りにかっこいいギターリフやコード弾きで素敵なアクセントをつけたりを作ったり、ギターソロもコードトーンにそくしたメロディアスなソロが弾けたり転調や変わったコードにすぐ対応できたりと、たくさんのメリットがあります。

 

そして何より、CADEDシステムの考え方でギターを弾くと楽しいです!ギターの指板が楽しいパズルに見えてきます☆

 

CADEDシステム!ぜひぜひ覚えてくださいね♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

注※ギター中級者さん以上向けです。初心者さんは、「ギター初心者さんへ」を読んで下さいね♪



一つのコードにつき、5つの型がある

CAGEDシステムとは、「ギターの指板全体を、C型、A型、G型、E型、D型、それぞれのコードの型に5分割する」という考え方のことです。
実は、一つのコードにつき、5つの型(かたち・フォーム)があるのです!

 

例えば、Cのコード。

●ローポジションで押さえる型(ちなみにこれをCAGEDシステムでは「C型」といいます)

●3フレットをセーハして押さえる型(A型)

●8フレットをセーハして押さえる型(E型)

この3つはとても有名で、あなたもきっといつもよく押さえてると思います。

 

ですが!!!

なんとなんと!!!

この3つだけじゃなくて、G型とD型もあるんです!

あらびっくり!!!ヾ(๑╹◡╹)ノ”

 

 

図にすると、こんな感じです↓


(※ちなみに、図に書いてある「度数」長3度・完全5度について詳しくはこちらをお読み下さい)

「度数ってな~んだ?」楽しい音楽理論講座 度数を使ったギター基礎練習付き

 

・・・と、この図を見て頂いて、するどい方はお気づきかと思いますが、

5つの型が隙間なくギターの指板を埋めていますね!!!ところどころ重なり合いながら。

これはつまり、どういうことかというと、

CAGEDシステムを覚える=ギターの指板が覚えられる!ということです。

 

ギターの指板を覚える

たとえばCのコード。

Cのコードは

●ド=ルート音(図では略してRと表記させていただいてます)

●ミ=ルート音に対して長3度(3)

●ソ=ルート音に対して長5度(5)

の三つの音で構成されています。

このCのコードの5つの型の「ドミソ」がそれぞれどの位置かを覚えれば、イコール、ギターの指板上の「ドミソ」全部の位置がわかるというわけです。

 

そして、コードにはスケールが隠されているので、

例えばCのコードに隠されている、メジャースケール「ドレミファソラシド」も、5つの型それぞれどの位置にあるか覚えれば、指板上の「ドレミファソラシド」はもう、ぜーんぶわかりますヾ(๑╹◡╹)ノ”

 

●Cメジャースケールの「ドレミファソラシド」を図にしたものはこちら↓

CAGEDシステムを覚えるメリット

このCAGEDシステム、指板を覚えられるだけでなく、他にも良いことだらけなんです♪

  1. ギター弾き語りする時、普通にローコードでコードを弾くだけじゃなくて、あまり使わないD型とG型をうまく使えば表現に幅がでます!
  2. ギターのリフを簡単に即座に作れるようになります!
  3. 短音でギターソロを弾くときに、音を外さなくなります!
  4. コードトーンに即したメロディアスなソロが簡単にできるようになります!
  5. ギターソロに、短音だけじゃなく途中で重音をはさむのが簡単にできるようになります!
  6. 曲中に転調したり、ダイアトニックコード以外のちょっと変わったコードが出てきた時に、すぐに対応できるようになります!

わぉ~~~!!!!こりゃすごい!!!

というわけで、CAGEDシステム、ぜひぜひ覚えてくださいね♪

 

CAGEDシステム 体で覚えよう

さてさて、実際にどうやって覚えていくのが良いかというと、

やっぱり、頭だけじゃなく、手を動かして練習して、体で覚えていくのが一番と思います!

↓の動画をみながら、一緒に練習しましょう♪

 

 

動画「ギター CAGED(ケイジド)システム」

【第1章】CAGEDシステムとは?Cのコードを使ってそれぞれの型の説明

【第2章】CAGEDシステムを覚えるとこんな良いことがあるよ♪

【第3章】一緒に練習しよう♪「CAGEDシステムを覚えるための練習」

全3章が1つの動画になっています。

練習は第3章です。動画をみながら、ぜひぜひ一緒に練習しましょう♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

(→ 楽譜と音声のみの動画はこちら https://youtu.be/k-FgKeCAtmw)

第1章、2章も、当記事で文章で書いたことを、また違った角度からの説明も含めつつ、ギターを弾きながらお話しています!ぜひぜひそちらもご覧ください♪

 

度数(インターバル)の基礎練習をCAGEDシステムにそってやろう♪

上記の練習に慣れてきたら、度数(インターバル)を使ったフレーズを、CAGEDシステムのそれぞれの型ごとにやってみましょう。

↓こちらの動画では、動画を流しながらCAGEDシステムそれぞれの型ごとに練習ができるようになっています。是非やってみてくださいね♪

 

↓上記の基礎練習の詳しい説明と、度数についての説明はこちら

「度数ってな~んだ?」楽しい音楽理論講座 度数を使ったギター基礎練習付き

 

CAGEDシステムの図 ぜひダウンロードして下さい♪

↑で使用したCのコードのCAGEDシステムの図がダウンロードできます。ぜひこの図を毎日見て覚えてくださいね♪

PCのデスクトップ画像や携帯の待ち受けにしても良いと思います!!( *´艸`)(笑)ちなみに私はPCのデスクトップ画像にしていました(笑)

 

この図を毎日ながめているといろいろなことに気づいて、面白いです(o^^o)

 

 

CAGEDシステムを覚えた方に移動ドソルフェージュをおすすめします!

当ウェブサイトにて、移動ドソルフェージュを教える記事の連載をしています。

この移動ドソルフェージュ、CAGEDシステムとセットで覚えるのがものすんごーーーくおすすめなんです!!!

移動ドソルフェージュとCAGEDシステムを覚えればつまり、

例えばCのコードのCAGEDがわかる→移動ドソルフェージュができる→12キー全部のメジャーコードのコードトーンとスケールが即座にわかる!

ということになります。即座にどのポジションでも出したい音が弾けるようになるわけです。

 

ぜひぜひ、移動ドソルフェージュもやってみてくださいね♪

 

移動ドソルフェージュ記事一覧

当ウェブサイトのギターレッスン記事一覧のページ

おすすめギター練習方法・音楽理論講座など☆彡呼吸法や休憩法などちょっと変わった記事もあります。ぜひぜひお読み下さいヾ(๑╹◡╹)ノ”

ギターレッスン記事一覧





-ギターレッスン
-, , ,

Copyright© 杉山結香のギター日記 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.