ギターレッスン

ギター演奏時の呼吸法

更新日:

今日はとっても大切な話!

 

ギター演奏時の呼吸法について(^ω^)

 

 

●歌ものの、間奏でギターソロを弾く時、

●インストゥルメンタルで、ギターでメロディを奏でる時

 

特に大切です!というか必要不可欠です!



結論から言うと、

歌ってる時と同じように呼吸をします!

 

歌ってる時と同じように呼吸をする

歌ってる時、

例えば、

「君の暮らす海は遥か遠く ピアノの音がする 透き通った世界」

って歌うとします!(ちなみにこれはわたしが作った「青い魚」って歌)

 

 

そうしたら、息継ぎは

「君の暮らす海は★遥か遠く ★ピアノの音がする ★透き通った世界」

★ の部分でしますね!

 

 

「君の暮ら★す海は遥か遠く ピアノ★の音がする 透き★遠った世界」

で息継ぎしたらおかしいですねヽ(´▽`)/(笑)(笑)

 

 

ギターでメロディを奏でる時も歌と同じです!正しい場所で息継ぎをしましょう!

 

正しい場所で息継ぎをする

っていっても、ギターソロとかに歌詞はないから難しいよ〜と思うかもしれません!

そのへんはセンスにおまかせしますが、

フレーズのかたまりごと、

雰囲気が変わる前(今までと音数が変わったり、転調したり、盛り上がったり)

にするのが良いかと思います!

 

 

歌ものの曲をインストゥルメンタルでギターでメロディ弾く時は、歌詞をギターで歌う気持ちで、歌詞に合わせて息継ぎします!

 

呼吸に気をつければ「歌うギター」になる

うまい呼吸でギター演奏すると、

あら素敵!

まるでギターが命を持って歌ってるかのような、「歌うギター」になります♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

 

 

それと、逆に言うと、ギターソロフレーズを考えるとき、息継ぎを考えながらフレーズを構築すると、良いギターソロフレーズになります!

 

 

 

 

そして、

普段のギター練習の時も、呼吸に気をつけて練習してみてくださいね!(^ω^)

 

 

 

 

ギターには呼吸法がものすごく大事!

 

ギターは管楽器と違って、音出すことに関して呼吸は全く関係ない。

呼吸がどんなでもギター演奏はできます!

だけど!

だからこそ!

ギターには呼吸法がものすごく、ものすごーく!大事だと思います!!!

 

 

 

 

そんなわけで、呼吸法、ぜひぜひ意識してみてくださいヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

↑の例で出てきた「青い魚」弾き語りしてます(^ω^)

 

●上手いギター伴奏のためにも、呼吸法は大切!という記事も書きました♪こちらもぜひお読みください♪

上手いギター伴奏をするための2つのコツ 呼吸法と音選び

 

-ギターレッスン
-,

Copyright© ギタリスト杉山結香オフィシャルウェブサイト , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.