旅に出る前の準備

旅に出る決意をしてから、旅に出るまで。

更新日:

私は、2017年2月の終わりごろに、ギター1本だけ持って放浪の旅に出ることを決めました。

そして、3月終わりごろ、東京駅から青春18きっぷで西の方へと出発をしました。

いったいぜんたい、なぜ旅をすることにしたのか。そして、旅を決めてから出発まで、どのように過ごしたかを、お話しします。



なぜ旅をすることにしたのか

私はもともと、持ち物が異常に少ないミニマリストでした。

一人暮らしの部屋は、来た人みんなが「えっ?ここで生活してるんだよね?」と驚きます。

そんな私は、究極の「持ち物はギター1本だけで、目的地も何も決めずさすらいの旅をする。」というのに憧れていて、いつかやってみたいなぁと思っていました。

 

そして私は、ずっとギターの仕事をしていて、休みは無く、旅に出るにもコンサートの仕事としての旅のみでした。

もちろんギターを弾くことはとっても楽しいのですが、そんな忙しい生活をずーっと続けてきて、自分のためだけに旅をして自分のためだけにギターを弾いて自由にのんびり過ごしたいなぁと思っていました。

 

だけど勇気がない。そんな私を変えたできごと

ギター1本だけもってさすらいの旅に出たい。

そう思っても、それを実行に移す勇気なんてありませんでした。私はいつも周りに合わせてばかりで、自分の気持ちはいつもないがしろ。

だけど、そんな私を変えたできごとがありました。

 

2017年1月末に始めた、「一万時間ギタートレーニング【一万時間の法則】」という企画です。これがきっかけでどんどん自分が変わっていきました。

周りに合わせるのではなく、自分の気持ちを大切にものごとを決めることができるようになってきました。

そして、今まで憧れているけど、私には無理だろうって諦めていたこと、全部に、挑戦してみることにしたのです。

海外留学すること、海外で憧れのアーティストとギターを弾くこと・・そして、その中の一つ「ギター1本だけもってのさすらいの旅」まずはここから実行することに決めました。

 

みんなのおかげで、本当の本当にさすらいの旅ができることに

そしてすぐに周りのみんなに話しました。YouTubeにもそのことを話している動画も上げました。

実はその時点で、かなり先の仕事も決まっていたので、既に決まっている仕事の日程に合わせて東京に帰ってきて、仕事が終わったらまた旅立つ というふうにするつもりでした。

ですが、周りのみんなに話したところ、こころよく応援していただいて、代わりを探したり日程を調整していただいたりで、なんとか3月末までに全ての仕事を終わらせることができることになりました。なので、いついつまでに東京に帰るなど予定を一切決めずに、風のむくままさすらいの旅ができることになったのです。

こんな迷惑なことを言いだす私のことを、応援までしていただいて、協力していただいた皆様。本当に私は恵まれていたなと思いました。とても感謝しています。

 

 

3月。怒涛の仕事漬け生活

そして、始まった3月。

3月末までに仕事を全て終わらせるために、怒涛の仕事漬け生活が始まりました。

そして、その合間に、虫歯全部治すために歯医者にも通いました。旅してる間に虫歯が痛くなったらたいへんなので(笑)

 

忙しい毎日。あっという間に、最後のライブの日が訪れました。

以下、当時に書いた記録です。

 

 

3.25 旅に出る前ラストのライブが終わった!ありがとうヾ(@⌒ー⌒@)ノ

旅に出る前の、全部の、東京でのライブが終わりました。

私はずっと東京で、ポップスのボーカリスト中心に、ギターサポートのお仕事をしていました。

 

ライブでのバックバンドでの演奏、レコーディングしたり、作曲のお手伝いしたり

たしか25歳ごろからもうずっとそういうことをやっていて、すごく楽しくて、自分では天職だと思っています。

 

そして、私にいつもギターサポートを頼んでくれるみんな、

みんなびっくりするくらい良い子ばかり。みんなのことがすっごく大好きです。

 

だから、本当はすっごく寂しいです。

 

でも、夢をかなえるって決めた。だから旅に出る。だからもうしばらく東京でライブしたりできない。

それは自分の夢で、自分の都合。

自分の都合で旅に出るのに、私が泣いてたりしたら、それは違うなって思ったから、

ひとつひとつライブが終わっていって、「またね」ってさよならして、本当はすごく寂しかったけど、

いつもどおり明るく、寂しくないふりをして泣いたりとか絶対しないようにしてた。

 

けど、ラストのライブで、

 

神原もえちゃんのライブで、まさかの、私にひみつでこっそり、鍵盤の糸井光さんと、私の旅立ちの歌つくってくれてて歌ってくれて、泣いてしまったー。

びっくりしたー!うれしかったー!ありがとう!!!

 

やっぱり寂しいです。

 

でもこの寂しさを忘れずに、こころにもって、夢にむかってがんばろうとおもう。

 

 

私の夢は、

一番の夢は、私の超絶大好きなアーティストたちといっしょに演奏するくらいのギタリストになることです。

超絶大好きなアーティストって、ジェイムステイラーとか!

ミーハーな意味ではなく、そのくらいの土俵に立つって意味です。アメリカで成功すること。

 

 

それが一番の夢で、そのほかに、

 

生きてるかぎりずっとギター向上しつづけること、超絶ギタリストおばあちゃんになる!笑

 

 

そして、私は実はこどものころずっと登校拒否しててほとんど学校いってないのあって、(また、この話も気がむいたら書きます)

学校に憧れてるんです。

 

お金もなくてずっと一人で練習して勉強してきたけど、

アメリカで音楽学校いって、ギターを勉強したい。

別に何歳になってもいいから、お金をためて、行きたい。

 

今のまま、

東京でこつこつと、毎日仕事をして、一人で勉強して、こつこつとすごしても、その未来にはいけるかもしれない。

だけど、私はすごく変わった道を選んだ。

 

行き先も決めず、ギター1本だけで旅に出て、その旅の様子をこのウェブサイトとユーチューブで随時配信してっていう!

 

うまくいったら、それが話題を呼んで、本当に100万再生ユーチューバーになって収入がすごいことになって一気にお金がたまって学校いけるかもしれないし、海外に旅にいったときとか、いろんなチャンスがなんやかんやあって、いろんなひとと出会って、気付いたらその未来にいってるかもしれない。

 

うまくいかなかったら、ただ旅してるだけだけど笑

 

まぁ、別に結果なんてなんだって良いのです。やることに意味があるのです。

せっかく生きてるんだし、面白いことしなきゃそんそん!!!

 

 

そんでもって、今一番たのしみなのが、、、

まず、各地の

いろんなとこで良い公園とか河とかみつけて、一人でひたすらギター弾いて自分のための勉強すること!笑

 

とにかく旅前に全部仕事終わらせるために超絶忙しく一日中ずっと仕事のこと考えて仕事のギター弾いてたので、自分の勉強の時間が一日1時間くらいしかとれなくて!

めっちゃ勉強欲がたまりすぎてやばいので、青春18きっぷで電車のりながらひたすらギターの本とか読んだり音楽きいて分析したり勉強しまくって、電車おりて公園にダッシュしてギター弾きまくる

っていうのがやりたいです!!!笑笑

まずはそれを気がすむまでやろう、そうしよう、、笑

そしたら次は無性に人と一緒に演奏したくなるとおもうので、各地でいろんなミュージシャンと出会って一緒に演奏する、という感じになる、気がする。

 

まぁ、何も決めずにいく旅です!その時々の気分で行動していきます!先のことは誰にもわからない!

 

そんなわけで、

とにもかくにも、みんなと離れて寂しいけど、私はがんばるよ!いっぱい楽しむよ!まずはいっぱい一人で練習するよ!笑

そして、旅の報告を、このウェブサイトとユーチューブでしていくので、ぜひみてね!

 

よろしくお願いします!!ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

 

さぁ、もうちょい準備したら、あと数日で出発です!

 

 

3.27 ついに明日旅立ちます。

最後の東京でのライブ神原もえちゃんのライブ終わって、

そのあと最後の最後に、フラワードジェムちゃんの映像撮影でギター弾いてきました。楽しかったです。

みんなと離れるのは寂しいけど、夢ぜんぶ叶えてくるから、また会おう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

わー決めたーーー!アメリカ行ってナッシュビル行く。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。わくわく

ジェイムステイラーのライブ映像とかずっとみてます。

バックの演奏の素晴らしさ、人を立てるうまさ、丁寧さ、無駄なことをしないいさぎよさ。まさにこれが私がやりたいことだ!と思うのと同時に何故か私が一緒にギター弾いてる絵が浮かんでくる。

描いた未来に運んでくれるのは、

ギターを弾く一音一音、

小さなひとつひとつの積み重ね。

 

そして、旅出発。まずは青春18きっぷで西の方へ

そして、あっという間に旅立つ日が訪れました。まずは青春18きっぷで西の方へ向かいます。

ギター1本の旅スタート☆彡青春18きっぷで東京から〜浜松〜名古屋 音速別荘へ




-, 旅に出る前の準備
-, , ,

Copyright© Guitarist Yuka official website , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

当ウェブサイトに掲載されているコンテンツ(画像、映像など)の著作権は杉山結香、またそれぞれの著作権者にあります。著作権者の明確な許諾なしにこれらの画像を使用したり、複製したりすることはできません。