メトロノーム ゆっくりのテンポで練習の大切さ

投稿日: カテゴリー: ギター日記

練習をする時、メトロノームのゆっくりのテンポで練習すること、とっても大切です♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

 

 

テンポ30〜40

ゆっくりのテンポで、

一つ一つにしっかり集中して練習する。

●音のチェンジの時、左手が指板から離れすぎてないか。最小限の動きでチェンジができてるか。

●右手は、無駄な力が入ってないか、綺麗なフォームになっているか。

●他、肩、腰、身体中どこかに変な力が入ってないか。脱力できてるか。

●一つ一つの音の、音色は綺麗か。ギターが気持ちよく鳴っているか。

●音量はどうか。弱く、強く、均一の音量または、ところどころ変えたり。

これらがちゃんとできてて、なおかつ、ゆっくりのテンポに合わせて、気持ちよくメトロノームと一緒に演奏できたら、(速いテンポより、ゆっくりのテンポの方が合わせるの難しい!)

そして、間違えないで確実に演奏できたら、

そこではじめてテンポを上げる。

 

 



 

 

一見、すごく簡単そうなことをやってるように見えるけど、、、ぜんぶに集中して完璧にやると、ものすごく難しいトレーニングです!

 

 

同じことを弾いてても、なぜか、あの人が弾くと丁寧で音色が綺麗だし説得力あるんだよなぁ、という風になります。

 

 

個人的に、そういう演奏が何よりも大好きです╰(*´︶`*)╯♡ギターを大切に弾いてる感じに、ときめきます!

 

 

地味で忍耐力いるけど、毎日1分だけでも良いので、ゆっくりテンポで練習、ぜひやってみてください(o^^o)